夢のある人生と、欲を満たす人生

The following two tabs change content below.

小林弥起

月間70万PVのファッションブログや、700名を超えるくせ毛専用コミュニティTEMPERなどを運営するブロガー。最近はくせ毛×くせ毛専門美容師のマッチングサービスに挑戦。くせ毛専用ワックスも開発中。

生きていく上で基本的な欲を満たすというのは、やっぱり大事だと思います。

 

食べる寝るとかそういう基本的な欲求はもちろん、例えば今日誰かと遊ぶためのお金だとか、

 

あとはモテたいとかヤリたいという欲求とか。ぼーっと漫画見たりテレビを見たりのんびりくつろぐ時間だとか。

 

後は社会的な欲求、自分はすごいんだぞって偉いんだぞって周りの人に認めてもらいたいとか、人から好かれたいとか、そんな欲求。

 

やっぱりこれらの欲求が満たされると、幸福度は上がると思います。日々の小さなレベルで満たされる度合いは大きくなっていく。

 

だけどやっぱり、それだけじゃ足りないんです。

 

ビジョンがない人生は抜け殻みたいなもの

大きなビジョンを持って、何か大きな目標を掲げて、失敗することや辛いこともあるかもしれないけれど、それでも絶対に達成したい何かのために夢中になる。

 

夢を持つ。

 

どれだけ小さな欲求が満たされようとも、こいつがないと何か虚しいんですよね。

 

自分の人生をあとから振り返った時に、ドラマチックでダイナミックな物語が欲しい。

 

別に夢があるからどう、とかいうわけじゃないんです。ただの自己満足に過ぎません。

 

結局僕たちは子孫を残すために生まれてきて、そして死んでいく。ただそれだけの存在だということはもちろんそう。

 

だからこそ、自分という個体が熱中して、熱くなって、 没頭して、エネルギーというエネルギーを注げるようなビジョンが欲しいんですよね。

 

なんかそういうのって、良くないですか?

カッコよくないですか?

 

憧れるんですよねー、そういうの。

 

好きな事の延長線上に夢が欲しい

だからといって、いろんなものを犠牲にして我慢するのはそれはそれで嫌なんですよね。

 

もしかしたら僕は欲張りなのかもしれません。

 

だけど、その夢が、自分の大好きなことの延長線上にあるものだとしたら。夢は何かを犠牲にして努力するわけじゃなくても、追うことは可能なのかもしれません。

 

自分の好きなことが、どれだけ頑張っても苦じゃない事が、何か大きな夢に繋がるような状態ができれば最高ですよね。

 

そんな状態が実現できればいいなーと。

 

そんなことを考えながら、ノートパソコンが壊れた僕は家で引きこもり生活を送っているところです。

 

今年中にはそんなものを見つけたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA