対談<クセ毛マスター淺野×小林弥起>ーくせ毛に向き合うために最も大切な事とはー

ーくせ毛の悩みー

 

それは時に当人にとって耐えがたいほどの深い悩みになりうるものです。

 

以前僕のブログの方に、このようなメールが寄せられたこともありました。

 

こんばんは。私もあなたと同様に、天然パーマです。私も、同様に縮毛矯正したり、アイロンで髪まっすぐにしてます。

それでも、自分に自信が持てません。理由は、結局、この姿は本当の自分じゃない、偽りの自分だから、と、考えるからです。

本当の自分、ありのままの自分を受け入れられません。

このままでは、この先の人生も暗く悲しい道、、、どうすれば…?

(ー問い合わせより)

 

このメール、非常に共感出来ました。今ではくせ毛に悩むことは無くなった僕ですが、以前はこれでもかという程に悩み落ち込んだものでした。

 

このような悩みを解決すべく、東京へ。

 

50年の歴史がある青山の有名サロン・TONI&GUYに勤務するクセ毛マスターこと淺野卓矢さんと、<クセ毛に向き合うために大切な事>について対談してきました。

 

TONI&GUYスタイリスト淺野卓矢さん

淺野卓矢(くせ毛マスター)

世界500店舗を超えるロンドン発祥の老舗ヘアサロン「TONI&GUY」青山サロンにて、スタイルダイレクター務める人気美容師。『くせ毛マスター』として、サロンブログで有益な情報を発信。ブログは一年以上毎日更新している。

 

淺野さんは、くせ毛特化の美容師として以前僕が運営するTEMPERという天パコミュニティへ参加の申請をしてくださり、そこから知り合いました。

 

まずは『淺野さんはどのような美容師なのか?』という事についてお伺いするべく、軽いインタビューから進めていく事に。

 

小林
淺野さん、お時間いただきありがとうございます。それでは少しの間ですが、よろしくお願いいたします。

 

淺野さん
よろしくお願いします。

 

『くせ毛マスター』になった経緯

小林
ブログやSNSでは『くせ毛マスター』として毎日情報発信されていますね。どういった経緯で『くせ毛マスター』という風になっていったのでしょうか?

 

淺野さん
特にキッカケやタイミングとかは無くて、気付いたらそういうお客様ばかりになっていましたね。特に狙いやきっかけがあったわけではありません。

 

小林
なるほど。自然にそういうお客様が増えて、その流れでくせ毛に特化した発信をするようになっていったんですね。

 

日々進化する方法・薬剤から、常に最善の対処を

ブロガーである僕が月に10件ほどしか更新していないにも関わらず、美容師の淺野さんはブログを毎日更新。そこに淺野さんのこだわりの強さが見え隠れしています。

 

そこで、普段のサロンワークにおいて特にこだわっているポイントについて、質問をぶつけてみました。

 

小林
くせ毛の人の施術を行うにあたって、特にこだわっている点や大切にしているポイントなどはありますか?

 

淺野さん
そうですね、そもそもくせ毛の施術って、カットにしてもストレート(縮毛矯正)にしても、マニュアル通りにできる様なものじゃないんですよ。

もちろんウチは50年を超える老舗サロンなのでガチッとしたマニュアルがあるのですが、僕の場合ストレートや矯正を行う際にマニュアル通りに行う事はありません。

 

小林
淺野さんの場合は、独自の方法で行っているということですか?

 

淺野さん
そうです。いや、もちろんマニュアルは大事ですよ。ですけれど実際のところは多種多様なくせ毛に加えて、お客様の求める細かなニュアンスに対応しなければいけないわけです。

となると、そこには微妙なカットのコントロールや薬剤の調節だったりといったマニュアルで補いきれない感覚の作業が必要になってきます。

 

小林
なるほどですね。

 

淺野さん
しかも、ストレート(縮毛矯正)においては、やり方も薬剤自体も常に進化し続けています。今では昔に比べて遥かに質の良い薬剤が出てきていますし、これからもっと良くなっていく。

だから、常に自分の思う最善のものを選りすぐりチョイスしていますね。もちろんやり方自体も日々改善していきます。

 

小林
まるで職人のようですね。たしかに、特に難しいとされる縮毛矯正の仕上がりなどは、美容師によって本当に雲泥の差があるように思います。

 

対処方法は人によって千差万別だ

淺野さん
先ほども言ったように、縮毛矯正などの技術も常に進歩しています。しかし、実際の所いまだに古いやり方を続ける美容室も少なくない。

ストレートをかけたらピンピンになるなんて、今じゃどう考えてもおかしいですからね(笑)もしその仕上がりにしかできないとしたら、そもそも僕なら提案すらしないですよ。

 

小林
たしかに、同じ美容師でもピンキリですね。でもそこは本当に、良い美容師に出会うしかないのが現状だという風に感じます。

 

淺野さん
確かにそうですね。あまり大きな声では言えないですが、中には『トリートメント』とうたいながら軽いストレート剤を使っているような美容師もあったりします。

 

小林
えっ!!そんなえぐい事してる美容室もあるんですか・・・

 

淺野さん
全部が全部そうではないですけど、確かにありますね。

でも、そんなことは美容師にしか分からないですから。当然、お客様はまさかそんな事をされてるなんて分からないわけです。

 

小林
なるほど・・・。すると、なおさら美容室選び・美容師選びが重要になってきそうですね。

とはいえ素人のお客様からしたらどうやって選べばいいのか・・・って話ですが(笑)

 

淺野さん
そうですね・・・なかなか難しいと思います。

 

優れた美容師の条件

やり方は美容師によって多種多様。しかし、全国20万店舗以上もあるという美容室の数は、実は信号機の数よりも多いんです。

 

それじゃあ、美容師の数はとなると・・・気が遠くなりそうですね。

 

星の数ほど存在する美容師。その中でも優れた美容師(ここではくせ毛の施術に関して)であるための条件をピックアップするとしたら、どんな条件があるのでしょうか?

 

そのことについて、淺野さんの意見を伺ってみました。

 

小林
ぶっちゃけた話、くせ毛に悩む人にとって良い美容師の条件とは一体なんだと思いますか?(笑)

 

淺野さん
う~ん・・・・。難しいですね。

 

小林
やっぱり難しいですか(笑)

 

淺野さん
『くせ毛』と一言で言っても、カットだけで済ませる場合もあればストレートをかける場合もあるわけなので。

例えばいくらストレートの技術があるからといっても、真っ直ぐにすることだけが答えではないですから。しかも、その満足度っていうのはお客様のさじ加減ですからね。

 

小林
なるほど。確かにそうですよね。

しかも、髪型やファッションの趣向って変わっていきますし。僕も以前は真っ直ぐじゃないと絶対いやでしたけど、今ではクセを活かした髪型の方が落ち着いていて好きだなって思います。

 

淺野さん
そういうのありますよね。

 

小林
今はそれで満足できますけど、逆に当時に今と同じものを提案されていたとしてもおそらく納得いってないでしょうから・・・。

 

淺野さん
そうなんですよね。昔好きだったスタイルも今見たら全然ダサい、なんてことは誰にでもある話だと思います。

そういう意味では、技術だけじゃなくてそういう部分を汲み取る力もかなり重要になってくるでしょうね。

 

小林
カウンセリングや会話の部分ですね。

 

淺野さん
ですね。後はそれ以前に、人として合う・合わないという部分ももちろんあると思います。

 

深い深いくせ毛の悩みに、どう向き合っていけばよいのか?

対談も終わりに近づいてきましたが、最後にどうしても聞いておかなければならない事がありました。

 

冒頭でもふれた、『自分のくせ毛とどう向き合っていけばよいのか?』ということについて淺野さんの意見をお伺いしました。

 

意外にもその原因は『学校教育』にあるのではないかという、淺野さんならではの興味深い意見をいただくことが出来たので紹介しておきます。

 

小林
くせ毛で悩んでいる方は多いですが、中には想像以上に苦労されている方も居ます。

このくせ毛の悩みについてどう向き合っていくべきだと考えているのか、ぜひとも読者の方に淺野さんの考えを共有して頂ければ嬉しいです。

 

淺野さん
そうですね、そもそもくせ毛に対してネガティブにとらえる風潮が変だなと感じるんですよね。これはくせ毛の方の悩みを軽視しているわけではないのですが。

 

小林
イメージの問題ということでしょうか?

 

淺野さん
例えば、僕自身はくせ毛ではなくてむしろ直毛で、僕の場合は直毛なのが逆に扱いづらいなぁと思う事が多いんですよね。

梅雨の時期にくせ毛の方が膨らむなら、僕の場合は逆にボリュームが出なくて困ります。くせ毛の人が直毛を羨ましがるように、直毛の僕はくせ毛が羨ましいなって思います。

 

小林
まさにないものねだりですねー。でも確かに、意外と直毛で悩んでいる人も多い気がします。

 

淺野さん
そうなんです。それなのに、なぜか直毛よりもくせ毛の方が変にネガティブにとらえられることが多いのがおかしいなって思うんですよ。

 

小林
たしかに!

 

淺野さん
くせ毛もスタイリングやカット次第で活かせることがあるのに、このくせ毛に対するネガティブな風潮のせいで変に悩みを深くしている人は多いと思うんですよね。

思うに、これって学校教育が原因なんじゃないかと考えています。

 

小林
えっ、学校ですか?

 

淺野さん
はい。中学高校って、カラーもダメだったりワックスを付ける事すら禁止される学校が多いじゃないですか?

くせ毛でただでさえ重いイメージなのに、そりゃ黒髪でスタイリングも禁止となるとどう頑張ったってカッコよくならないですよ。少し明るくするだけでもかなり違うのに。

 

小林
そうか・・・。確かに、僕の中学・高校も妙に頭髪に厳しかった記憶があります。

 

淺野さん
そういう風にして、中学・高校時代を経てくせ毛に対するネガティブイメージが膨れ上がっていることは原因の1つになっていると思います。

 

小林
なるほど。今まで考えもしなかったですがこれは真理ですね。僕もそうでした。

 

事実は変わらない。まずは受け入れることから

淺野さん
辛いのはわかります。もちろんそれを軽く見るわけではないのですが、何を言ったってくせ毛である事実は変わらないですよね。

自分の顔だって同じです。もちろん整形で解決するならそれも良いでしょう。でも髪の場合は、受け入れて活かすという選択肢だってあるわけです。

難しい事かもしれないですが、まずはくせ毛である自分を受け入れるしかないんですよ。それからどう付き合っていくのかを考える。それしかないと思います。

 

小林
ぼくも完全同意ですね。そして、その付き添い人としての美容師があると。

 

淺野さん
そうですね。まずは受け入れること。そして、それをどう活かしていくのかを考えること。これを長い目で見て一緒にフォローしてくれるような良い美容師に出会うことも、とても大事なことだと思います。

 

最後の話に関しては、ぼくも強く強くうなずきながら聞いていました。そしてそれがなかなか難しい事も、僕自身の過去があるから非常に分かります。

 

でも、受け入れるしかない。

 

僕は素晴らしい美容師に出会うことができ、受け入れて活かす事が出来るようになりました。そういう意味でも、美容師さんはめちゃくちゃ重要な存在なんだという事をここでまた再認識しました。

 

それと同時に、もっと多くのくせ毛に悩める人たちが、淺野さんのような素敵な美容師の方に出会える世界を作っていきたいと心の底から感じています。

 

淺野さん、素晴らしいお話をありがとうございました。今後ともサロンでのご活躍を応援しております!!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

浅野卓矢さん(くせ毛マスター)

TONI&GUY青山サロン
スタイルダイレクター/主任

くせ毛マスターのブログ(http://toniguy.co.jp/blog/aoyama/?author=5