僕にはバイタリティーも戦略性もない。

僕は、あまりバイタリティーがない。

 

正直言って、自分には何としても成し遂げたい『大きな野望』みたいなのはない。イケイケ起業家のような、焼き切れんばかりの情熱でフルコミットするという、そんな度胸もなければ願望もない。

 

どちらかと言うと、のんびりマイペースに生きていきたいタイプだ。

 

でも、美学はある。

 

日々コツコツと、自らを改善しながら丁寧に人生を生きていくのが好きだ。自分が理想とするような人物像をイメージしながら、そこに一歩でも近づけるように毎日小さな反省と挑戦を繰り返すタイプだ。

 

バイタリティーのある人、戦略性のある人

そんな中でSNSを見ていると、自分とはかけ離れた位バイタリティのある人や、圧倒的な戦略性を持っている人を目の当たりにすることがある。

 

よく言われる『行動力』。狂ったように一つのことに打ち込むバイタリティーがある人を見ていると、そこにどうしても埋めることのできない『差』を感じてしまう。

 

緻密に計算された『戦略』。目標から逆算し、合理的にTodoをこなしながら淡々と成果を出し続ける人を見ていると、やはりそこにもどうしても埋めることのできない『差』を感じてしまう。

 

彼らは余分な人間関係を削除し、徹底的に達成すべき目標に対してコミットする。たぶんそれは正解だとも思う。でも、これがどうしても自分にはできない。

 

非合理な人間関係

僕は、割と非合理な人間関係が好きなタイプだ。というか、合理的すぎる日々があまり好きではない。いや、もしかしたらそうなれない自分への言い訳かもしれない。

 

『個人で仕事をし始めると、今までの友達と話が合わなくなる』とみんな言うが、自分の場合はそんなことはない。確かに仕事の話は全くできないけど、話していて楽しいし幸福感もある。

 

今でも3年前、4年前の友達と普通に仲良くしている。よく遊びにも行く。話が合わないなんてことはないし、むしろ彼らから学ぶことはたくさんあるとも思っている。

 

だけど、そこにどうしても時間をかけてしまうので、スピードに差が出る。これはつらい。でも、仕方がない。仕方がないのだ。

 

では、発想を転換してみたらどうだろう。

 

変に合理性を求めずに、自分の心の赴くままに人間関係を楽しんで、人に優しくして、もちろん時間を奪われることもあるかもしれないが、とにかく関係性を大事にしていく。できるだけ。

 

短期的に見れば周りと差を付けられるのかもしれないけど、長期的に見てみたら?

 

自分は自分なりの戦い方で、少しずつ前へ進んでいくしかないのだ。